打ったボールが右に曲がる(スライス)で悩んでいませんか?

右に曲がってしまう原因は、スイング軌道がアウトサイドイン軌道になっていることが一つの原因です

もちろん、それ以外の動きが組み合わさってしまい、右に曲がる(スライス)に繋がっているかも知れません。

特に力のある男性は、ヘッドスピードも速いので曲がり幅も大きく、なんとか右に曲がらないように手を返したり試みますが、

今度は左に曲がりすぎるなど、なかなか安定していないことでしょう。

安定した結果を求めるためには安定したスイング軌道が必要になり、スイング軌道を理解することが大切です。

今回は3種類のスイング軌道がどういったものかお伝えします。

① ストレート軌道

もっとも正しいスイング軌道と呼ばれるストレート軌道(インサイドイン軌道と呼ばれることもあります。)

目標とボールをつないだ線をクラブヘッドが通過することで(ストレート軌道)、ボールに綺麗な縦回転が掛かり曲がり幅の少ないストレートな球筋になります。

もっとも正しいスイング軌道と呼ばれるストレート軌道(インサイドイン軌道と呼ばれることもあります。)

② アウトサイドイン軌道

目標に対して、クラブヘッドが右上から左下へクラブヘッドが通過することで(アウトサイドイン軌道)、ボールには左回転(スライス回転)がかかり、ボールは右に曲がりやすくなります。

③ インサイドアウト軌道

目標に対して、クラブヘッドが右下から左上へクラブヘッドが通過することで(インサイドアウト軌道)、ボールには右回転(フック回転)がかかり、ボールは左に曲がりやすくなります。

スイング軌道に影響のあるトップのポジション

①【スクエア】なトップ

スクエアなトップとは正しくアドレスできた状態のシャフトから書いた線をシャフトプレーンと呼びます。そのシャフトプレーンに対して、腕が平行なトップの位置がスクエアトップ、いわゆるお手本のトップの位置になります。この位置に腕が収まることで、ダウンスイングでクラブヘッドがシャフトプレーンをなぞるような形で降りやすくなり、インパクト時にストレート軌道なインパクトをむかえる事ができます。

② 【アップライト】なトップ(縦振り)

アップライトなトップ(縦振り)シャフトプレーンに対して、腕が高い位置のこと言います。

アイアンなどの短いクラブは上半身の前傾が深くなることで、比較的にアップライト(縦振り)になりやすいです。腕が高い状態でダウンスイングが始まることで、肩の回転が不足しやすく、アウトサイドイン軌道になりやすくなり、ボールはスライスしやすくなります。

③【フラット】なトップ(横振り)

フラットなトップとはシャフトプレーンに対して、腕が低い位置のことを言います。ドライバーのような長いクラブは前傾が浅くなることで比較的にフラットになりやすいです。

腕が低い状態からダウンスイングが始まることで、肩の回転が多くなり、インサイドアウト軌道になりやすくやすくなり、ボールもスライスになりにくくなります。

まとめ

スイング軌道理解していないと、飛距離のロスや、ボールをコントロールすることができないので、狙ったところにボールが運ぶことができません。結果、スコアも伸びず、いくら練習したとしても上達のスピードが遅くなってしまいます。そこで、まずは自分のスイング軌道の現状を知るためにもビデオでスイングを撮影したり、撮影できるレッスンスタジオに通うことが大切です。

正しい軌道でボールに当たった時の感触や、ボールの飛び方を知り、自分の動きを映像で理解することで間違いなく上達は速くなります。

是非正しいスイング軌道を手に入れてゴルフを楽しみましょう。