ゴルフ上達に向け、とにかくボールを打ちまくるという考え方は間違えでもなく、正解でもありません。ゴルフ練習をする上で大切なことは、力みがなく、リズムの良いスイングを心掛けることです。スイングの型を作るうえで基本となるのが素振りです。

テニスや卓球、野球などでも″素振り″は大切です。特にゴルフは力みが取れたバランスの良いスイングをする事で、再現性の高いボールを打つことが出来るのです。ゴルフの練習で多くの方がボールを打つことに集中しすぎた場合、力みが生じリズムを忘れがちです。そのためゴルフ上達へのスピードアップに繋がらず伸び悩んでしまうのです。打つことばかりに集中し過ぎず、ボールの当たりを気にせず、いつものゴルフ練習に素振りを+αすることで、あなたのゴルフスイングは劇的に変化するでしょう。今回は、いつでも出来る簡単素振り法3つをご紹介します。

1 スローモーション素振り

なぜボールが上手く当たらないのか…悩んでいる方は多いと思います。

理由は、クラブフェースの向きが管理されないまま、ただ気持ちよくスイングしてしまっている方が多いからです。ボールを上手く打つためにもクラブフェースの向きがとても重要になってきます。そこでスイング中クラブフェースの向きが管理しやすいようにスイングリズムを極端にスローモーションにします。

世界のトッププロたちもゆっくりとクラブを振る練習法を昔から取り入れており、プロたちの練習法で定番なのです。もう引退された宮里藍選手がやっていたのをきっかけに「太極拳スイング」といった、約1分間かけてゆっくりスイングするとクラブフェースの向きや身体の動きが理解しやすく、「太極拳スイング」を練習で取り入れてました。ゆっくり素振りをすることで、クラブフェースの向きをはじめリズムや身体のバランスが確認しやすくなります。フォームも固まりスイングにも大きな変化が表れるはずです。また想像以上に体幹を使いきつい練習ですが、実際のスイングでも非常に大切な練習になるでしょう。

 2 連続素振り

ボールがなかなか飛ばない、飛距離UPしたい等、悩みを抱えている方は多く見受けられます。

飛距離UPをするためにまずスイングリズムが大切です。アドレス(構え)からフィニッシュまで一連のリズムでスイングすることで、クラブの性能が活かされ飛距離UPに繋がります。そこでタイミング良くスイングを繰り返すことはなかなか難しいですが、連続して素振りをすることで軽快なリズムでスイングをすることが出来るのです。

軽快なリズムでスイングを続けることで肩が回り飛距離UPにも繋がるでしょう。また毎日素振りを行えば、ヘッドスピードを上げることが出来ます。連続素振りがスイングに必要な筋力も鍛えられるため、確実に飛距離UPに繋がります。

 3 クラブを逆持ちしての素振り

多くの方がダウンスイングでボールを打ちに力が入ってしまい、飛距離アップに欠かせないヘッドスピードが減速する為ボールが飛ばないのです。

ダウンスイング時に手の力みをいかに脱力できるかがカギを握ります。脱力こそがヘッドスピードUPに必要なのです。そこで力まずにスイング中脱力するにはクラブを軽く感じながらスイングすることが大切です。そのためにプロたちが行なっているクラブを逆持ちしての素振りです。

クラブを逆に持って素振りすることでクラブを軽く感じられヘッドスピードが大幅にUPします。またクラブを感じられるため腕の脱力する感覚を得られます。普段なかなか軽いクラブを振ることはあまり経験がない方もいます。そのためクラブを重たそうに振ってしまいクラブを早く振ることがなかなか身につかず、手先の力でスイングしてしまう方が多いので飛距離も当たりも安定しません。

脱力してバックスイングの始動とダウンスイング時の切り返しの時に力んでしまう方はこの練習方法を取り組んで、ヘッドスピードUPに繋げてみてください。